親族トラブルを避けたい お通夜と葬儀

最近は葬儀の際通夜に一般の方が参列することが普通になっていますが、本来、通夜とは身内、親族で済ませる形だった

日本の葬儀の通夜の意味

親族トラブルを避けたい お通夜と葬儀
葬儀とは亡くなった方の冥福を祈り、見送る儀式で、通夜、告別式のことをいいます。私は、親族や身内以外の友人のご両親や、職場の方が亡くなった際には通夜に参列させていただいています。どちらかというと、告別式は身内の方で行うものだと思っていましたし、通夜に参列しなければ失礼に当たると思っていたほどです。しかし、葬儀のマナーの本などを読むと、本来は通夜を身内や親族で行い、告別式が一般の参列者、友人や近所、職場の人が参列するものだと書いてあり、驚きました。おそらく、通夜のほうが仕事が終わってからの時間ということもあり、参列しやすく、告別式は平日に行われる事も多いため、仕事などの都合で参列することが難しいということから、一般の方が通夜に参列するようになったと思います。仕事を休んで、告別式に出席したいと職場にも言いづらい時代だと思います。

通夜を身内や親族で行うのは、通夜には故人を夜通しで見守り、最後の別れをするという意味があり、みなさんも聞いたことがあると思いますが、昔から通夜の夜はロウソクの灯りと線香を絶やしてはいけないと言われているように、身内や親族が交代で故人を見守るということが古くからの日本の通夜の形のようです。地域によっては今でも古くからの風習を守り続け、通夜は身内、親族で済ませるところもあるようですが、新聞等のお悔やみ欄にも、葬儀の日程が通夜と告別式の両方が載っていることもあり、ほとんどは通夜に一般の方が参列する形に変わってきているようです。

おすすめ!

Copyright (C)2017親族トラブルを避けたい お通夜と葬儀.All rights reserved.